結婚問題・少子化・LGTB・未成年問題など

少子化問題の解決策は多夫多妻制!

僕が掲げる「一部の毎日国民投票」とは他に「常識を疑う」事を提案したいと思います。

以下の事は法律関係なので地方でどうにかできるものではありません。

ですが、せっかくなので地位がある人や一般の政治家が言いづらい事を提案してみたいと思います。

ほぼ妄想レベルなので申し訳ないのですが、お付き合いいただければ幸いです。

少子化問題と騒がられてだいぶ立ちますね。しばらくは解決しないかと思います。

僕が小中学生の頃は逆だったんですよ。このまま人口が増えていくから食糧難になるって教えられておりました。

人間が言う事はあてにならないですね。

というわけで、少子化問題は放っておいても、また子供が増えるんじゃないでしょうか。

ちなみに戦争等の人類の危機が起こると子供が増えるらしいです。団塊の世代が産まれた頃って戦争が終わった時期と重なるんですって。

人間も例外なく生物の一員という事が証明されています。

人類の危機に瀕し、戦争が終わってホッとして子供を作る。そんな流れだったんでしょうか。

ただ経済的に考えると楽観できないというのも理解できます。GDPやら年金を収める若い人が少ないなどなど。

少子化問題を解決しようとするならばコレしかないと思います。

僕が提案する少子化問題の解決策は

多夫多妻制の導入!!

一夫多妻制だと不公平ですからね。多夫多妻にしましょう。 これで佐々木希ちゃんとワンチャン、ツーチャンでてきます!

冗談はさておきですね。

浮気問題で外野がぐちゃぐちゃ言うのってどうなんでしょうか。 今は一夫一妻制というルールがありますが、裏をみれば現実は多夫多妻制なんですよ。

それを、たまたま芸能人などの公人と言われる人がマスコミに見つかって、国民からのエンタメに利用されて人生がおかしくなってしまう。

今はそんな世の中です。これって誰得???

法律や制度は人々を幸せにするための物です。誰かをバッシングするのが幸せだ何てありえません。

当事者が幸せなら良いのではないでしょうか。

こういうのに必死に叩いてるのって、ドM体質で浮気相手のいないBBAとかモテナイおっさんが必死に叩いてる気がします。

でも、政治とはこういうBBAとかの気持ちを汲み取って円滑に人々が幸せになるために制度を導入しなければいけません。

多夫多妻制を適応するなら所得税UP! これでどうでしょうか。

浮気消しからん! から、脱税けしからん!! 二人目と付き合うなら税金払え! 何か納得しませんか?

英雄色を好むというので、たくさん働いて税金を収める人が増えるかと思います。

お金を稼いだらやっぱり女の子と付き合いってのが男の性ですもんね。僕はちがいますよwww

LGBTに同性婚について

この問題がでた頃、僕は同性婚に反対でした。 結婚は子孫を残すためにある優遇制度だと思ったからです。じゃあ、子供を踏まない夫婦は結婚してはダメなのかと聞かれると答えに困ります。

そもそも法律や制度って何のためにあるんだろうって考えたら、「人を幸せにするためにある」という答えにたどり着きました。

ですから同性婚をして当人が幸せならその制度は存在意義があると思います。

同性婚には賛成

結婚制度について

上記同様に結婚制度も人を幸せにするためにあるとするならば、制度に縛られて苦しめられてる人が多い現実は制度と現実があっていないと考えられます。

3組に1組が離婚すると言われております。 

残り2組のほとんどが仕方なく夫婦を演じているような気がします。

「結婚は我慢だ」という名言があるように誰も得しない古びたドM制度の可能性が高いです。

結婚制度なくしても支障ないんじゃないでしょうか。子供を産んだら父親が認知すればいいだけですからね。

結婚という制度があろうがなかろうが、お互いの信頼が全てです。 

月の土地みたいな形式上だけにして国が管理しなくても良いかもしれません。

この結婚にはさらに問題がございます。

狩野英孝さんや小出恵介さん。ちょっと前でも未成年の人とHしたといって大問題になりました。

真相はわかりませんが、狩野英考さんなんか相手のお父さんも問題視してないのに関係のない外野が騒ぎまくって2人の人生に大ダメージを与えています。

若い女の子とHできない嫉妬の塊のオッサンやモテナイBBAがぐちゃぐちゃ言ってるのだと思います。

しつこいようですが、法律や制度は人を幸せにするためにあります。不幸せにする法律や制度はあってはいけません。

強姦等の乱暴で被害者を救うのも法律や制度の役割ですが、上記の件については被害者がいないわけなんです。

明らかにおかしい!

さらに昔に比べて子供の成長も早いと証明されています。 

成人が18歳となって選挙権も18歳からとなりましたが、Hをしていいのは16歳からでいいんじゃないですか?

見えない所でみんなHしてるんですよ。

やってる人は小学生からでもしてるらしいです。時々アンケートがテレビででてますよね?

無駄な犯罪者を増やしてるだけなんじゃないでしょうか。

ネットでみた女の子の言葉が印象的でした。「未成年は大人に恋してはダメなんですか?」

もうさ。みんな馬鹿じゃないんだから、良いか悪いか分かってますよ。

きっちり性教育を学校で教えてあげればいいだけでしょうよ。

僕の会社のスタッフに16歳で子供を産んだ方がいました。

小学生の高学年の娘さんがいて胸が膨らんできたから母親自ら性教育を教えたそうです。

人間の生殖器や妊娠の仕組みを教えたけど、全然興味がなくて裸で部屋の中を歩きまくるから困ってるという話を聞いて僕は爆笑しました。

「あと5年くらいしたら32歳でおばあちゃんになりますね」って言ったら「社長? え? なんて?」って答えてくれる話がとてもおもしろいとても素敵な方でした。

16歳やそれ以下で子供を産んでいる人って結構いるんですよ。

今の世の中ってそういう方たちを見ないようにしてませんか?

否定してませんか?

彼女らは法律を恨んでいません。自分で人生を選んだんです。本当に素敵な方なんです。

モテナイBBAやオッサンがギャーギャーいって芸能人を叩いて気持ちよくなってるだけの世の中なんです。

ここで僕からの提案です!

16歳からは成人ではなく準成人! Hも酒もタバコもOK!
ついでに16歳~18歳の準成人には高校・大学の学費免除だけではく一律同額援助!
契約書は恐いので親の連帯保証がない場合は現状と同じく無効!にしましょう。

今はとりあえず大学という道を強要されて、とりあえず就活をという道を強要されて、
ペットのように過保護に育てられていきなり野生に放り出されてるもんです。

人間も動物の一員です。そりゃー無理よ。

準成人という期間を設けて成人と同じ権利を与えて”自立”をサポートしてみてはいかがでしょうか。

上記の離婚等も失敗するかもしれません。準成人に何かわるい事をした場合は罰則も厳しく時ましょう。

今の法律でも年齢で刑罰が変わるので対応可能でしょう。

いかがでしょうか。

今回は法律を変えるような話ばかりでしたので都議が何かできるわけではありませんが、こういう事を口に出すだけでも意義があるのではないかと思ってます。

だってBBAとかJJIが怒り狂うのは目に見えますからね。

とりあえずさ、モンスターペアレンツのようなクレーマーを気にしすぎです。

学校も会社も国もクレーマーにまともにカマッてたら衰退しちゃいますよ。

今の世の中のクレーマーについても別の機会にお伝えできれば幸いです。

とにかく細かい制度提案は置いておいて声を出して訴えたいの事は

法律や制度は人を幸せにするためにある。
被害者がいないのに罰を与える法律は存在してはいけない。

関係のない第三者が芸能人を叩きまくってる悦に入ってるのは本当に気持ちが悪いと思っています。

いかがでしたでしょうか。当たり前に存在するものも疑ってフラットに考えて見るのは問題解決のヒントになるかと思います。

無理だとか現実離れしてるとか頭ごなしに批判する前に問題点と解決策を洗い出してみるというのは非常に重要です。

賢い方たちは発言した後どう思われるかまで想像致します。

だからイメージが大事なタレントさんや政治家は発言を控えるのです。沈黙は金というヤツです。

ですが、目の前に苦しんでる人など問題があれば沈黙してる暇はありません。

実行するしないの前に「まず議論する」このあたりが今の政治に足りてないように強く思います。

今の野党は議論ではなく批判にしか見えません。

このような風潮に一石を投じるためにも、批判覚悟で身近にある当たり前の事を疑ってみて提案してみました。

政策の詳細

  1. 黒い選挙と白い票

    黒い選挙と白い票

    やはり何事も経験してみないとわからない事がありますね。選挙管理委員会の担当の方もメチャクチャ親切な方でした。率直な僕の可能と…

    黒い選挙と白い票
  2. 一部の直接民主主義(毎日国民投票)

    一部の直接民主主義(毎日国民投票)

    カンタン3行まとめ!4年に一度しか有権者の意見が反映されないのは古すぎる。無駄が多すぎる。建前ばかりでウンザリだ!これを解決…

    一部の直接民主主義(毎日国民投票)
  3. タバコ・お酒・大麻について

    タバコ・お酒・大麻について

    規制は少ないほうが良い!って先日の取材で声高々にお答えしました。規制されないと動かないってのは人間としてレベルが低い、と。タ…

    タバコ・お酒・大麻について
  4. 政策と実現

    政策と実現

    政策今回の立候補にあたり大きく3つ分けて政策を考えました。まずは自分一人でも確実にできる事。そして、それは政治が大きく変わる一歩にな…

    政策と実現
  5. 若者に自由を!高齢者に権利を!

    若者に自由を!高齢者に権利を!

    国政と自治体でやれる事は別れていますが白黒はっきり分けられませんので問題点からお伝えいたします。年金はボケ老人増殖システムだ!!…

    若者に自由を!高齢者に権利を!
  6. 結婚問題・少子化・LGTB・未成年問題など

    結婚問題・少子化・LGTB・未成年問題など

    少子化問題の解決策は多夫多妻制!僕が掲げる「一部の毎日国民投票」とは他に「常識を疑う」事を提案したいと思います。以下の事は法…

    結婚問題・少子化・LGTB・未成年問題など
  7. 浜野秀昭(はまのひであき)自己紹介&政治スタイル

    浜野秀昭(はまのひであき)自己紹介&政治スタイル

    浜野秀昭(はまのひであき)の自己紹介1980年6月24日産まれ 鎌倉市立玉縄小学校卒鎌倉市立玉縄中学校卒神奈川県立七里ガ…

    浜野秀昭(はまのひであき)自己紹介&政治スタイル
PAGE TOP