浜野秀昭(はまのひであき)自己紹介&政治スタイル

浜野秀昭(はまのひであき)の自己紹介

1980年6月24日産まれ 
鎌倉市立玉縄小学校卒
鎌倉市立玉縄中学校卒
神奈川県立七里ガ浜高校卒
法政大学工学部物質工学科(一年で中退)
母親から「アンタは何で普通に育ってくれないの」と洗濯物を畳みながら泣かれました。あの背中は一生忘れないと思います。たぶん今回の立候補でも「みっともない」と言われかねないので親には内緒にしています。

19歳の時に役者になりたくて飛び出したが、何をしていいかわからなかった所、助監督のアルバイトの話が舞い込む。その時の上司にめちゃめちゃ怒られて目からウロコが滝のように落ちまくる。僕の人生が変わった瞬間です。あの頃の恩返しがしたくて自分の会社の新人には色々教えてたつもりでしたが何人も辞めてしまいました。。。最近は言うの辞めようか悩み中です。

26歳まで役者活動をする。

手段と目的の違いがごっちゃになっていた事に気がつく。「誰かにキッカケを与えられる人間」になりたく役者になりたかったが仕事でもキッカケを与えられる事に気がつく。個人事業主で周りからの評価を得ていたので、世の中で通じる仕事に本気になるべく起業する。役者は目的ではなく手段であったと気がつきました。

2007年起業
2012年頃
採用サイトで「ぶっちゃけ」をコンセプトに「ブラック企業へようこそ」という採用サイトを立ち上げる。
色々物議を醸し出しましたが「本音」を全面に打ち出した事により採用も会社も大きくかわりました。本音を語る大切さを気がついた瞬間です。
2017年
野党のあり方、政治屋のあり方に疑問を持ち、そこに一石を投じるべく立候補いたしました。

政治屋にはなりたくない。

ブラック企業社長って名乗って受かるの?せっかくの良い政策も台無しだよ、と心配されます。僕も経営者をやってますのでおっしゃる事は痛いほどわかります。選挙って国民や都民の依頼者に依頼されるんです。営業に例えるなら「契約」してナンボです。

でも、政治はビジネスではありません。

当選するためならマーケティング的にも、投票者の半分が高齢者と言われている高齢者にターゲットを絞って営業活動(選挙活動)をするべきです。でも、政治って本来「受かる」ためではなく、自分が信じる政策を掲げて「選ばれる」のが正常と思えます。政治屋のように当選するためのマーケティング(選挙活動)よりも僕の想いをたくさんの人に伝えるためにマーケティング(選挙活動)したいと思います。
そのためにどんな戦略を取るのか。

みんなに、もっと政治に参加して欲しい

「2:8の法則」というのがあります。商売でいうと2割の品物が8割の売上を占めてると言います。政治にも当てはまるかと思います。投票率がだいたい50% 政治家の過半数を占めている与党が50%。つまり与党は国民全体の約2割の支持で国を動かしているといえます。
この法則から僕が問題に思う事はどんなに考えても8割の投票率があるべきです。あと30%の投票に行かない人たちが選挙に行けば日本はもっと良い国になると思います。そのためにわかりづらい政治をもっと簡単に伝えるように活動していきます。まずは政治のライト層に参加を訴えるのが最優先。その後に僕を含めた他の立候補者の政策を知ってもらえれば良いと思ってます。すでに政治に興味のある方が僕をみたらお騒がせの泡沫候補と思われるでしょう。ですが、政治ライト層向けのネタ部分には目をツムっていただいて真面目な部分だけいただければ幸いです。僕が目指す一番の政策は「みんなの政治参加」なのです。
一番知ってほしい公約はこちら「毎日国民投票

タブーの打破から

仕事では「政治と宗教と野球」の話はタブーと言われてます。今では野球はタブーとまでならなくなりました。国民は賢くなってます。そろそろ政治も自由に議論できて良いと思います。社長である僕が政治を話してもビジネスに影響ないって示す。若い人たちにも小ネタを仕込みながらキッカケを作る。それを身をもって示せればと思います。
新聞・テレビも1つの政策について多種多様な意見です。中立と言いながら偏りまくってます。新聞6紙すべてのテレビのチャンネルを見比べて思案するほど有権者は暇ではありません。忙しい雇い主にわかりやすく自分の意見を交えて「ホウレンソウ」をする。ブラック企業の社長であるから社畜(公僕)の心得は熟知しているつもりです。与党と野党以外にも中立的に民意を反映して報告するシステムがあったほうが良いと思ってます。政治の外部取締役のような仕組みを構築いたします。
一番知ってほしい公約はこちら「毎日国民投票

政策の詳細

  1. 若者に自由を!高齢者に権利を!

    若者に自由を!高齢者に権利を!

    国政と自治体でやれる事は別れていますが白黒はっきり分けられませんので問題点からお伝えいたします。年金はボケ老人増殖システムだ!!…

    若者に自由を!高齢者に権利を!
  2. 一部の直接民主主義(毎日国民投票)

    一部の直接民主主義(毎日国民投票)

    カンタン3行まとめ!4年に一度しか有権者の意見が反映されないのは古すぎる。無駄が多すぎる。建前ばかりでウンザリだ!これを解決…

    一部の直接民主主義(毎日国民投票)
  3. タバコ・お酒・大麻について

    タバコ・お酒・大麻について

    規制は少ないほうが良い!って先日の取材で声高々にお答えしました。規制されないと動かないってのは人間としてレベルが低い、と。タ…

    タバコ・お酒・大麻について
  4. 浜野秀昭(はまのひであき)自己紹介&政治スタイル

    浜野秀昭(はまのひであき)自己紹介&政治スタイル

    浜野秀昭(はまのひであき)の自己紹介1980年6月24日産まれ 鎌倉市立玉縄小学校卒鎌倉市立玉縄中学校卒神奈川県立七里ガ…

    浜野秀昭(はまのひであき)自己紹介&政治スタイル
  5. 結婚問題・少子化・LGTB・未成年問題など

    結婚問題・少子化・LGTB・未成年問題など

    少子化問題の解決策は多夫多妻制!僕が掲げる「一部の毎日国民投票」とは他に「常識を疑う」事を提案したいと思います。以下の事は法…

    結婚問題・少子化・LGTB・未成年問題など
  6. 黒い選挙と白い票

    黒い選挙と白い票

    やはり何事も経験してみないとわからない事がありますね。選挙管理委員会の担当の方もメチャクチャ親切な方でした。率直な僕の可能と…

    黒い選挙と白い票
  7. 政策と実現

    政策と実現

    政策今回の立候補にあたり大きく3つ分けて政策を考えました。まずは自分一人でも確実にできる事。そして、それは政治が大きく変わる一歩にな…

    政策と実現
PAGE TOP